弁理士試験(短答・論文)合格のための少人数制ゼミ 勝どきゼミ! 弁理士合格
コンテンツ TOPページ
講座一覧
ゼミのご案内
短答対策ゼミ
論文対策ゼミ
口述対策ゼミ
改正法対策ゼミ
特別対策ゼミ
改正法情報お問合せ
勝どき!ゼミ
代表講師:弁理士 高橋 幸夫
ゼミ・講座のご案内

「勝どき!ゼミ」の特色

1.少数精鋭主義による指導  マンツーマン感覚を大切にした双方向対話形式

 ゼミ員一人一人に十分目が届く講義が合格への早道であると考えます。

2.共育の精神で、抜群の成果・進歩

 ゼミ員全員合格を目標とする前向きで活気のあるゼミです。
 良い講義内容と、志しを同じくするゼミ員同志の切磋琢磨により、抜群の成果が出ています。
 前年度からの進歩(答練会、模試、本試験)は間違いなしです。

3.やる気があり、知識・経験が非常に豊富な講師陣

 パワーあふれ、妥協を許さない、代表講師の長期にわたる指導経験に基づく効率のよい指導が売りです。
 代表講師以外の講師は、代表講師が厳選し、ゼミの趣旨を完全に理解した、自慢の講師です。

4.先着順でゼミ員を募集

 ゼミで勉強する人を最優先するため、選抜試験を行いません。

5.カリキュラムよりプログラム重視

 一人一人の個性・特性を的確に把握し、弱点強化等を図る指導をします。



代表講師あいさつ

高橋 幸夫
勝どき!ゼミ 代表講師 弁理士
盒供々夫(Takahashi Yukio)
略歴はこちら

 長く厳しかった受験時代でした(受験回数11回、多枝・短答合格9回連続)。よいと言われることは全てやりました。前年度より実力が向上するよう一生懸命努力し、「今年こそはよい論文答案が書けた。」と思っても、特許庁の掲示板に自分の名前がない(即ち、論文不合格)年が続きました。非常に辛い日々でした。自分が嫌になったことも日常茶飯事でした。
 自分より後から勉強を始めた人には、自分と同じ目に遭って欲しくないと思い、受験時代の最終年の平成15年に、短答不合格者9名を集め、自分を含めた総勢10名で「五択倶楽部」という自主ゼミをスタートしました(結果:短答合格5名、最終合格3名)。
 自分の受験時代を振り返ってみますと、参加したゼミの中でよかったと思えるゼミがほとんどありませんでした。お金だけ取られて、ほとんど得られるものがなかったゼミも多かったです。
 様々な試行錯誤した受験時代を振り返り、理想のゼミを追究すべく、「勝どきゼミ」を企画し、運営しています。
 やる気のある人には居心地がよいようです。 
 「勝どきゼミ」で目標達成して、一緒に弁理士としての活動を行いましょう。



リンク集

■受験情報
特許庁ホームページ
弁理士試験に関して(特許庁ホームページ内)

■特許事務所
かちどき特許事務所